平屋はらくちん

平屋はらくちん

スポンサーリンク

平屋はらくちん

平屋はらくちんです。

 

階段がないというだけではありません。

 

 

平屋建ては住みやすい

 

階段の昇り降りが苦にならない世代の方には、平屋建てよりも2階建てのほうが好まれるようです。

 

歳を重ねるにつれて、階段の昇り降りはきつくなってきます。家を造った時には子供も小さくて寝室を2階に持ってきていたのに、今では1階でのみ生活して2階は物置と化している家は多くあります。

 

ただ、子供たちが結婚して孫たちと遊びに来るときには2階が生きてきます。1年のうちに何度あるかわからないことでも、それが楽しみで2階建てをそのまま残しておられる方も多いのではないでしょうか?

 

というより、わざわざ平屋に改造する必要もないとお考えのようです。

 

ただ、最近は若い世代においても平屋の建物を希望している人が多くなってきています。

 

その理由はいろいろありますが、一つの理由として、将来の住まいのあり方を視野に入れていることが挙げられます。現代の住宅建築は、建築基準法などの重なる改正などを経て耐久性が格段に進化しています。

 

30年前には、木造の住宅の寿命は30年程度といわれていました。20〜30年後のことを考える必要を考えてのことでしょう。

 

でも、平屋にする理由はもっとほかにもあるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

平屋建ては楽ちん

 

新築して最初の作業が引っ越しです。平屋建ての建物は、階段を使っての荷物の上げ下ろしがないのでとても楽です。

 

特に、エレベーターのないアパートの上階に住んでいた方などは強く感じることと思います。

 

 

 

平屋建ては生活が楽である

 

平屋建てが2階建てと大きく違うところは、階段があるかないかです。

 

もっとも、最近スキップフロアなど、平屋の建物でも一部に階段を設けることもありますが…

 

2階に寝室がある家は、一日のうち数回は階段を使用することになります。

 

歳をとってくると、階段の昇り降りがつらくなってきます。 生活のほとんどがだんだん1階だけになってきます。

 

1階の和室を寝室にしたりして、2階部分が物置状態になっているお宅も多いのではないでしょうか?


ホーム RSS購読 サイトマップ