住友林業の平屋建て

住友林業の平屋建て

スポンサーリンク

住友林業の平屋建て

 木造のハウスメーカーのトップに君臨しています。

 

 もともと林業を中心に発展した企業で、歴史は深いものがあります。

 

 海外にも山林を保有しており、木についてのノウハウを知り尽くした企業ではないでしょうか?

住友林業のビッグフレーム構法

住友林業の平屋建て住宅

 

横綱白鵬が出演しているCMで知られている住友林業の「ビッグフレーム構法」

 

従来の軸組み工法と違って、耐力壁の代わりにビッグコラム(大断面集成柱)を採用

 

接合部分をオリジナルのBFジョイントを使い、金物同士を緊結することで強靭な構造にしています。

 

木造の接合部分の弱さを金物でカバーした画期的な工法と言えます。

 

住友林業は、もちろん従来の軸組み工法の木造住宅も建築しています。

 

住友林業の平屋建て住宅
                              住友林業平屋建てグランドライフ
住友林業はその昔、林業をメインとした会社でした。

 

そのノウハウを生かして家造りにシフトを変えて、今では押しも押されもしない住宅メーカーとして君臨しています。

 

木の良さを一番よく知っている企業といえるでしょう。

 

 

 

住友林業の平屋建て

 

 

 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

 

住友林業が、日本伝来の木造軸組工法をさらに進化させているという、マルチバランス工法。

 

耐力面材として細い木材を斜め格子状に組み合せた「きづれパネル」は、個人的にいささか不安を感じます。

 

耐力試験などを実施してはいるのでしょうが、使用木材そのもののサイズが小さいため、格子の重なり合った部分や、柱、梁に接合する部分に長期的な構造のもろさを感じます。

 

短期的には問題ないかもしれませんが、長年の材料の劣化ということも考慮するとどうなのでしょうか?

 

火災が発生した時も不安です。

 

大きな断面の木材は、火災の際表皮が燃えて芯は燃えない現象が起きますが、小さい(細い)木材は火の勢いを強くしかねません。

 

住友林業のしっかりした技術陣のもと、対策あってのこととは思います。

 

ビッグフレーム構法はその点筋違なしでも大丈夫ながっちりした構造になっています。

 

広い空間が確保できて、間仕切りも少なくできるので、将来のリフォームなども自由性が高くなります。

 

予算があればおすすめの構造です。


ホーム RSS購読 サイトマップ